【2021年最新版】光熱費が高い家庭必見!行き過ぎた節約はストレスで逆効果・別の障害も。節約は引き算で考えよう。

新型コロナによるテレワーク増加や、季節的な電気代高騰で「光熱費を節約しなきゃ!」と思われていないでしょうか。

もちろん無駄遣いは減らせた方がいいですよね。

しかし、節約に躍起になってしまうと余計なストレスがかかり、逆効果になったり別の障害を生むこともあります。

本記事では、「節約はしたいけどストレスは感じたくない」という方向けに下記の内容を中心に解説しています!

  • 節約にストレスを感じる原因
  • 過度な節約によって起こること
  • ストレスを感じない”すぐにできる”節約方法

ちなみに、本記事を執筆する私は5年以上にわたり電力会社の電気・ガス事業に携わり、実際にお客さまに対してアドバイスを行うこともあります。

リアルな悩みをご相談いただく中でこの記事を書こうと思いました。内容の正確性と専門性を意識しています。

節約にストレスを感じる原因は?

光熱費を節約しようとして、「電気をパチパチとこまめに消す(または暗くする)、トイレは常に小で流す、冷暖房を付けずに我慢する…」

などは皆さん一度はやった経験はあるのではないでしょうか。

当然のことながら、光熱費は安いに越したことはありませんよね。

一方で、あなたが「光熱費の節約」に対してストレスを感じる原因は次の通りです。

  • 意識しすぎて疲れている
  • 家電の機能が制限され快適さを損なっている
  • 家族や同居人との価値観の押し付け合いになっている

特に2つ目の「快適さを損なう」と3つ目の「価値観の押し付け合い」は、あなた以外の家族も同じストレスを抱えているかもしれません。

電気・ガス・水道なんてものは使えて当たり前、電化製品も快適で高性能が当たり前の時代になりました。

もはや家電の無い生活なんて、もはや考えられません。

そんな中、あまり節約にやっきになるとこんな不幸が訪れます。

  • 体調の悪化、気疲れを招く
  • 家族やカップル間の雰囲気が悪くなる

平均的で”文化的”な光熱費の金額は?

経済産業省が発表した「家計調査報告」によると

2017年の平均的な水道光熱費は21,535円(月額)でした。

これが高いか安いかはいろいろな条件によって変わりますが、

電気代・ガス代の特徴として

  1. 家族人数が増えるほど高くなる傾向にある
  2. 寒冷地ほど高くなる傾向にある
  3. 集合住宅より戸建て住宅の方が高い傾向にある

まずは良し悪しよりも事実としてこの3点を押さえておきましょう。

光熱費の効率的な節約には「高いことは悪」という観念を捨てて、「必要性」を強く意識することが大切です。

MEMO
電化製品の経年によっても光熱費は変化します。
15年間使用しているエアコンと、去年購入したばかりのエアコンでは、「熱交換効率」や「本体や室外機の廃熱効率」など省エネ性能に差がでます。

ストレスを感じにくい節約方法

まず、あれこれと手を出しすぎずに節約する場所を決めておくのがいいでしょう。引き算の発想が功を奏します。

意識が散ると結局効率が下がりますし、それがストレスの原因になります。

今日からは、特に節約効果が高い3か所だけと決めて実践してみましょう!

※家族やパートナーにも協力をお願いしてみましょう

リビングでできる節約

  1. エアコンのスイッチON/OFFを繰り返さない
  2. 極端な温度よりも気温+3℃程度で長い時間つける

夏場・冬場はエアコンを多用すると思いますが、節約をしようとスイッチをこまめに切りすぎるのは厳禁です。

人の体と同じで、腰をあげる瞬間(初動)が最も大変=最も電力消費が多くなるため、一度スイッチONにしたら外気±3℃~5℃の範囲でゆるゆる動かしておきましょう。

注意
照明を暗くするのはお勧めできません。明るさは気分にも大きな影響を与えますし、リビングは我慢する場所ではなく”疲れを癒す空間”です。

キッチンでできる節約

  1. ガスコンロを使おう
  2. ガスコンロの清掃をしよう(熱効率アップ)

掃除のしやすさなどからIHキッチンコンロが流行しています。しかし月々の光熱費ではガスコンロの方がお得です!

電気は一定の熱量にするまでエネルギーを多く使うので電気代も高くなりがちです。今から選択することができるならガスコンロを使うことを強くお勧めします。

既にガスコンロを使っている人は五徳(鍋を乗せる金属部分)の油汚れには注意しましょう。火が上手く出なくなりガス代高騰、場所が悪いとガス漏れの原因にもなりかねません。掃除はこまめに!

ガスコンロについては、下記のサイトで選び方が分かりやすく解説されています。

据置ガスコンロ(ガステーブル)の選び方

お風呂・脱衣所でできる節約

  1. 体や頭を洗う間だけでもシャワーを止めよう
  2. シャワーヘッドを交換する

頭や体を洗っている間、シャワーを出しっぱなしにしていませんか?

水を必要としない時だけでもこまめに止めるだけで、1回あたり20リットル以上の節水効果があると言われています。

また、冬場もシャワーだけで済ませている人は寒さから出しっぱなしにしてしまいがち。思い切って浴槽にお湯を張ってしまったほうがかえって節水になり、体調管理にもいいかもしれません。

ただし、お風呂は副交感神経を優位にして体と気持ちを休める空間なので過度な我慢はしないようにしましょう。

注意
もったいないとはいえ、お風呂の残りは洗濯に使わないようにしましょう。お風呂の水垢を服に付けるようなもので、嫌な臭いの原因になります。

シャワーヘッドについては、下記のサイトで選び方が分かりやすく解説されています。

【徹底比較】節水シャワーヘッドのおすすめ人気ランキング21選

節約の対策をするのは上記3か所で十分です。

それ以外のところは、そもそもの電力・ガス・水道の消費が少なめのため今まで通りの生活でいいでしょう。

電気・ガスの契約を見直してみよう

適度な節約をしたら、次は契約の見直しをしましょう。

経済産業省の施策により、電力会社は2016年/ガスは2017年から契約会社が自由に選択できるようになりました。

※水道はまだ民営化していない

契約プランを見直すだけで年間10,000~30,000円もの光熱費が削減できた例もあります。しかも「使い方は今までと同じ」なのにです。

また、多くの人は現状をよく知らないというデータもあります。

電力自由化・ガス自由化のメリットとデメリットを解説していきます。

まずは現状の契約内容を知ろう

2016年以前、電力会社やガス会社は「地域ごとに決まっている」ものでした。

一度も契約会社を変更したことが無い人は、契約プランは共通のものを使っていますが、電気代は使えば使うほど高くなる仕組みになっています。

国内最大の電力会社「東京電力グループ」の従来プランを例に見てみましょう。

【例】東京電力エナジーパートナー:従量電灯B

料金項目 対象範囲 単価
基本料金 20A 572円
30A 858円
40A 1,144円
50A 1,430円
60A 1,716円
電力量料金 ~120kWhまで 約20円
121~300kWhまで 約26.5円
301kWh以上 約30.5円

※電力量料金単価は四捨五入
※口座振替割引等は加味していません

太字部分の料金単価が上昇していますね。この部分が「使えば使うほど高くなる」という部分です。

尚のこと、300kWhを超えないようにもっと節約を頑張らないといけないといけない…

このように思った方も安心してください。

この第2・第3段階部分の料金単価が割引されたプランが新規参入した”新電力”から数多く登場しています。

また、どうしても家族人数が多くて使用量が多くなりがちな家庭ほどメリットが出やすいという傾向もあります。

使うほど高くなる理由
オイルショックによる国全体での節約対策が理由と言われています。高い=利用抑制を心がけてほしいという

また、自由化について知っていても「どうせそんなに変わらないんでしょ?」と思っている方は残念。事実から言うと何もしない=損をしてます。

自由化によって電気・ガスの供給に影響を与えないレベルで価格競争が起こっています。実は2021年現在は切り替えないのが一番高いのです。

電力会社、ガス会社を切り替えるとどうなる?

電力会社やガス会社の切り替えとは、「自分が契約する会社の変更」という意味です。

それによって何が起こるか「実はよく知らない」という方もいるのではないでしょうか?

例えるなら、スマホを「ドコモからauに乗り換える」のような感覚と同じです!

切り替えても供給品質は変わらない

電力会社やガス会社は全事業者が同じ設備を共有しています。(※地域ごと)

そのため、東京電力や関西電力などの大手企業から新電力会社に契約を変更しても使う設備が変わりません。

また、電気設備の管理や停電対応・ガス点検を行う会社も変わらないため供給面の不安はありません。

電力の供給システムは、 (1)発電部門 、 (2)送配電部門 、 (3)小売部門 の大まかに3つの部門に分類されます。

~中略~

(2)送配電部門 は安定供給を担う要のため、電力小売全面自由化後も引き続き、政府が許可した企業(各地域の電力会社(東京電力、関西電力等))が担当します。

そのため、どの小売事業者から電気を買っても、これまでと同じ送配電ネットワークを使って電気は届けられるので、電気の品質や信頼性(停電の可能性など)は変わりません。

経済産業省-資源エネルギー庁HPより引用

安定的な供給が担保されているので、私たちは余計な心配はしなくて大丈夫です。気にするべきは「いくら安くなるのか」というメリット部分です。

光熱費削減にダイレクトな効果がある

電力会社やガス会社を切り替えるとダイレクトに光熱費の削減ができます。

理由は下記の通りです。

  • 従来プランに比べて料金単価が安い
  • 電気料金やガス料金に対してポイントが付く
  • キャッシュバックなどのキャンペーンがある

先ほど説明したように、「供給品質が変わらない」のなら安く・お得に使えた方がいいですよね。

どれくらいお得になるのか?

新電力会社によって特色が違いますが、本サイトでは人気でオススメの電力会社を2つだけ紹介します。

  1. Looopでんきのおうちプラン
  2. シン・エナジーの【昼】生活フィットプラン

家族人数や使用量を考慮した節約目安額(年間)も一緒に書いていますので参考にしてみてください。

それでは順にみていきましょう。

Looopでんきのおうちプラン

Looopでんきとは
Looopは、東日本大震災の被災地に太陽光発電を設置するボランティア活動から誕生した電力会社です。基本料金0円のプランにより契約数は約20万件と大人気!

株式会社Looop(るーぷ)が提供する【おうちプラン】は基本料金ゼロ円の”使った分だけ”の電気料金プランです。

従来プランのような余計な基本料金が無い分、年間で見ると10,000円以上も電気代がお得になるパターンも。

ちなみに、Looopでんきはこんなに安いのに解約違約金もありません。引っ越しする、他社に切り替えるとどんな場合でもいつでも解約ができます。

以下、Looopでんきの料金シミュレーションをしてみた結果です。(2名家族想定・4名家族の想定)


2名家族想定の料金シミュレーション

  • 契約アンペア数:40A
  • エリア:東京電力エリア(プランも従来のまま)
  • 家族人数:大人2名
【2名家族】想定のシミュレーション結果

※予測値に基づく目安削減額です
※Looopでんき+ガスセット割適用後の金額です
※燃料調整費や再エネ賦課金は加味していません


4名家族想定の料金シミュレーション

  • 契約アンペア数:50A
  • エリア:東京電力エリア(プランも従来のまま)
  • 家族人数:大人2名、子供2名
【4名家族】想定のシミュレーション結果

※予測値に基づく目安削減額です
※Looopでんき+ガスセット割適用後の金額です
※燃料調整費や再エネ賦課金は加味していません

Looopでんき契約時の注意点

Looopでんきの注意点は3つあります。

1つ目:お支払いが「クレジットカード限定」になること。口座振替やコンビニ払いを利用したい方は契約ができません。

2つ目:都市ガスは「東京ガスエリアのみ」であること。電気は全国どこでも利用ができますがガスは東京エリアだけ。

3つ目:おうちプランはオール電化住宅には向きません。Looopでんき公式サイトには太陽光発電や蓄電池等のシステムを用いたケースの紹介もあるため、戸建て新築を考えている方はぜひ参考にしてみてください。



シン・エナジーの【昼】生活フィットプラン

シン・エナジーとは
シン・エナジーは兵庫県に本社を置く電力会社です。太陽光や地熱といった再エネ開発事業を始めとするエネルギー特化型企業で、新電力ランキング20位にランクする大人気の新電力会社です。

シン・エナジーが提供する【昼】生活フィットプランは日中の電気代を格安に抑えた「テレワーク・専業主婦家庭」に向いたプランです。

生活リズムがフィットしていれば、年間で10,000円~25,000円以上も電気代がお得になるパターンもあります。

また、【夜】生活フィットプランという「夜間に使用量が多い家庭」に向けたプランもあるため、電力消費が集中する時間が決まっている方はシン・エナジーとの契約で賢く節約することができます。

ちなみに、Looopでんきと同様にどのプランにも解約金は発生しません。

以下、【昼】生活フィットプランのシミュレーションをしてみました。


2名家族想定の料金シミュレーション

  • 契約アンペア数:40A
  • エリア:東京電力エリア(プランも従来のまま)
  • 家族人数:大人2名
質問に答えると最適プランが分かります

※予測値に基づく目安削減額です
※Looopでんき+ガスセット割適用後の金額です
※燃料調整費や再エネ賦課金は加味していません

4名家族想定の料金シミュレーション

  • 契約アンペア数:50A
  • エリア:東京電力エリア(プランも従来のまま)
  • 家族人数:大人2名、子供2名
質問に答えると最適プランが分かります

※予測値に基づく目安削減額です
※Looopでんき+ガスセット割適用後の金額です
※燃料調整費や再エネ賦課金は加味していません

シン・エナジー契約時の注意点

シン・エナジー契約時の注意点は2つあります。

1つ目:お支払いが「口座振替かクレジットカード」に指定されています。デビットカードやコンビニ払いを利用したい方は契約ができません。

2つ目:オール電化では逆に料金が高くなる可能性があり、契約はおススメできません。【昼】生活フィットプランや【夜】生活フィットプランは電気+ガス併用家庭用のプランです。



本記事のまとめ

光熱費の節約によるストレスの原因と、それによって起こる弊害。ストレスを感じないでできる節約方法について解説してきました。

電気・ガス・水道の使いすぎがNGなのと同じで、節約もやりすぎは禁物です。本記事ではすぐに実践できる方法を紹介しましたが、必ずご家族にも相談したり協力を依頼してからにしましょうね。

  • 節約に躍起になると気疲れしてしまう
  • 夏場/冬場は体調不良の原因になり逆効果
  • 節約の場所は効果の高い3か所だけ(風呂、リビング、キッチン)
  • 電力会社やガス会社の契約を見直してみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。